世界最高峰の技術を結集!
サイクリストのため開発された自動コンプレッサー

FUMPA & mini FUMPA

「空気入れ、こんなお悩みはございませんか?」

全てのお悩みを解決します

ABOUT

FUMPA・mini FUMPA とは

Fumpa・miniFumpa ともに、手のひらに乗るサイズ。
バッテリーにはリチウムポリマーバッテリーを採用し、
第3者機関における検査を通過済。

危険物水準を大きく下回っているため、飛行機内への持ち込みも問題ありません。USBケーブルによる充電を採用しており、
専用ケーブルを必要とせず充電できます。
img-sddlebag-in
9b81edad750bfa84d6c971a28c671524000a05e7_xlarge

FUMPA

フンパは、
psi・kPa・Barの3種の単位から選択可能。

デジタル圧力計が付いているので、
タイヤに空気を入れきることができます。
1回の充電で、空のタイヤ6本まで使用可能。
約20秒で空気が入ります。

仲間とのツーリングなどで、
空気入れをシェアしたいときに活躍します。

mini FUMPA

ミニフンパは単位表示がない分、
軽量化に特化。

入れる空気の量を調節できるので、
長距離レース時の空気補充に活躍します。
一回の充電で、
空のタイヤ2本まで使用可能。

約40秒で空気が入るパワフルさが、
レース時のあなたを助けます。

VIDEO

プロモーション・ビデオ

動画を再生
img-main-miniFumpa
img-main-Fumpa

POINTS

FUMPA・MINI FUMPA の 特長

  1. 圧倒的コンパクトさと軽さ
  2. 圧倒的な速さを実現
  3. デザインとシンプルな使い方
01

圧倒的軽さ
とコンパクトさ

最も大きな特徴としてコンパクトさと軽さがあります。Fumpa・miniFumpaは独自の技術によりこの2つを体現しております。 Fumpaはサイズ: 縦7.3cmx横8.7cmx奥行4.2cmサドルバックに入ります)で重さは約390g、サドルバックに収納可能です。
02

圧倒的な速さを実現

Fumpa・miniFumpaは120PSIまで空気圧を上げることが可能なためロードバイカーにとっても安心。そして、大きな特長として圧倒的な速さが挙げられます。

Fumpaは22秒、miniFumpaは43秒という圧倒的な速さで0⇒100PSIまで空気圧を上げることが可能となっております。(700×23Cタイヤの場合)

動画を再生
03

充電時間
使用回数

miniFumpaは1時間の充電で空のタイヤ2本まで使用可能(0⇒100PSI)

Fumpaは2時間の充電で空のタイヤ6本まで使用可能(0⇒100PSI)です。

またUSBケーブルによる充電を採用したため専用ケーブルを必要とせず充電できます。

TUTORIAL

使用方法

動画を再生

よくある質問

FAQ

 


ロングライドのレースに持って行くなら、
miniFump をおすすめします。
ノズルを差し込みボタンを押すという2ステップで空気が入れられるので、
レース時に活躍します。
miniFumpa は単位の表示が無いため、
空気をきちんと入れきりたいならFumpaをおすすめします。
ロードバイク以外のバイクで利用されたい方も、
Fumpaが最適です。

 



はい。
使用方法、注意事項について
記載した日本語マニュアルを同封いたします。

 

 

初期不良がある場合は、
弊社にて送料を負担したうえで交換、もしくは全額返金いたします。
また、半年間の保証期間を設けましたので、
どのような事象でも
ご対応させていただきます(故意による故障は除く)。

 

 

 

空気を圧縮したうえで放射しているため、約65dB程の音が出ます。
掃除機に匹敵する程ですので、ご留意いただければと存じます。

 

 

 

Fumpaの場合米式バルブに対応しており使用可能です。
miniFumpaはロードバイクを主目的としております。