外へ荷物を預けに行かなくても、収納が実現してしまう宅配型トランクルーム。

今回はそんな便利な宅配型トランクルーム2社をピックアップしてみました。

それがリソコ(risoco )と宅トラ

 
両社の特徴を7つの項目で比較してみました!

宅配型トランクルームを利用する上で把握すべき情報で比較しています。

 
具体的な項目としては、次の7項目。

  1. 料金
  2. 支払い方法
  3. 最低利用期間
  4. 対応エリア
  5. 保管環境
  6. 預ける方法
  7. オプション

2社の良い部分・イマイチな部分を徹底的に調査しました。

どちらのトランクルームがご自身の理想により近いか、検討材料として目を通してみてくださいね。

 

リソコ(risoco)と宅トラを7つの項目で徹底比較!

下記の7つの項目で、リソコ(risoco)と宅トラを比較してみました。

知りたい項目からチェックできるよう、クリックで飛べるようになっています。

① 料金で比較 初期費用や月額料金などについて比較しました。
② 支払い方法で比較 支払い方法ついて比較しました。
③ 最低利用期間で比較 どのくらいの期間利用する必要があるかについて比較しました。
④ 対応エリアで比較 サービスが対応可能なエリアについて比較しました。
⑤ 保管環境で比較 荷物の保管環境について比較しました。
⑥ 預ける方法で比較 どんな方法で預けることができるかについて比較しました。
⑦ オプションで比較 オプションサービスについて比較しました。

 

① リソコ(risoco)と宅トラを料金で比較!

まずは、リソコ(risoco)と宅トラを料金面で比較してみました。

※税込価格 リソコ 宅トラ
初期費用 275円/箱 4,950円~
月額料金 330円~ 1,628円~
配送料 ・預け入れ送料:無料

・取り出し送料(※):880円/回
※保管期間1年以上は無料
※北海道、沖縄など離島は追加料金あり

・預け入れ送料:1,650円~

・取り出し送料:1,650円~

解約金 なし 6ヶ月未満の場合でも6ヶ月分の保管料が発生

初期費用・月額料金について

リソコの初期費用は1箱あたり275円と非常にリーズナブルです。

月額料金は1箱あたり330円~となっています。

 
一方、宅トラは初期費用が4,950円とリソコと比べて高額です。

月額料金も1,628円~でリソコと比較して、高額になってしまいます。

配送料について

配送料に関しても、大きな違いがあります。

リソコは預け入れ送料が無料です。

さらに、保管期間1年以上で取り出し送料が無料となるので、配送料がリーズナブルと言えるでしょう。

 
それに対して、宅トラは取り出し送料だけでなく、預け入れ送料も必要です。

それぞれ1,650円ずつかかります。

リソコと比較して、配送料が高額であることは頭に入れておきましょう。

 

② リソコ(risoco)と宅トラを支払い方法で比較!

続いて、リソコ(risoco)と宅トラを支払い方法で比較してみました。

リソコ 宅トラ
月々の支払い クレジットカード クレジットカード

 
支払い方法はリソコ(risoco)と宅トラともにクレジットカードです。

支払い方法に関して、両社で違いはありません。

 

③ リソコ(risoco)と宅トラを最低利用期間で比較!

続いて、リソコ(risoco)と宅トラを最低利用期間で比較してみました。

リソコ 宅トラ
最低利用期間 1ヶ月 6ヶ月

 
リソコは最低利用期間が1ヶ月とかなり短いです。

リソコと宅トラともに、早期に荷物の取り出し(もしくは解約)を行うと、「早期取り出し料金」が発生します。

 
リソコは預け入れの開始月に荷物を取り出すと、取り出し手数料として1箱あたり880円が別途かかります。

宅トラの場合は、6ヶ月未満で荷物を取り出すと発生します。

6ヶ月未満の仕様でも、6ヶ月分の保管料を支払う必要があります。

 
短期間での利用も考えているのであれば、リソコの方が利用しやすいと言えます。

 

④ リソコ(risoco)と宅トラを対応エリアで比較!

続いて、リソコ(risoco)と宅トラを対応エリアで比較してみました。

リソコ 宅トラ
対応エリア 全国 全国

 
リソコと宅トラともに全国対応です。

両社とも差はありません。

日本全国で利用できるのは、あらゆる方にとって便利ですね。

 

⑤ リソコ(risoco)と宅トラを保管環境で比較!

続いて、リソコ(risoco)と宅トラを保管環境で比較してみました。

リソコ 宅トラ
保管環境の特徴 ・湿度&温度を徹底管理

・高レベルのセキュリティシステム

・国土交通省登録の自社倉庫

・温度:20~25℃、湿度:55~65%

・高レベルのセキュリティシステム

・茨城県古河市の倉庫(400年風水害のない地域)

 
リソコと宅トラともに優れた保管環境であり、大差はありません。

年中の温度と湿度管理・高レベルなセキュリティ対策がなされています。

安心して荷物を預けることのできる環境が整っています。

 

⑥ リソコ(risoco)と宅トラを預ける方法で比較!

続いて、リソコ(risoco)と宅トラを預ける方法で比較してみました。


リソコ 宅トラ
預ける方法 ・段ボール(専用ボックス)に入るサイズの荷物

・指定された段ボールに保管

本専用の保管サービスがある

・段ボールに入る荷物&それ以外も可能

・段ボールプランと専用ボックスプランがある

ベッドヤソファなど大型荷物も対応

 
リソコは指定された段ボール(専用ボックス)に入る荷物のみの対応です。

そのため、段ボールに入らない大型の荷物には対応していません。

リソコの段ボールは最大で「幅45×奥33×高さ38.5(cm)」のため、このサイズ内に収めることが必要です。

 
一方、宅トラは段ボール以外の荷物も対応しています。

指定のカーゴで荷物を保管する「ボックスタイプ」によって、最大で「幅104×奥104×高さ170(cm)」までの荷物まで預けることができます。

ちなみに、ボックスタイプはこんな感じ↓

ボックスタイプで預ける場合には、段ボールの梱包が必要ありません。

 
また、宅トラはベッドやソファといった大型荷物も対応しています。

大型荷物まで対応しているのが宅トラの大きな特徴です。

そのため、大型荷物を預けたいユーザーにとって、宅トラは貴重なサービスだと言えます。

 

⑦ リソコ(risoco)と宅トラをオプション面で比較!

続いて、リソコ(risoco)と宅トラをオプション面で比較してみました。

リソコ 宅トラ
書籍の情報登録サービス あり なし
書籍のフィルムカバーサービス あり なし

 
リソコは本の保管サービスが優れているのが特徴です。

本の情報を1冊ずつデータベース化してくれるため、WEBで預けた書籍の検索や取り出し依頼ができます。

さらに、本を専用のビニールフィルムでカバーしてくれるサービスもあります。

 
一方、宅トラはオプションサービスがありません。

保管することに特化したシンプルな利用体系となっています。

 
ここまでリソコ(risoco)と宅トラについて、7つの項目で比較してきました。

最後に、リソコ(risoco)がオススメな方、宅トラがオススメな方についてご紹介していきます。

 

リソコ(risoco)がオススメなのはこんな方!

◎ リソコ(risoco)はこんな方にオススメ!
  • 本を預けたい方
  • リーズナブルな料金で利用したい方
  • ごく短期間での利用を考えている方

リソコは本の保管サービスが最大の強みです。

リソコ側で本の情報を1冊ずつデータベース化してくれるサービスです。

そのため、本を中心に預けたい方には断然リソコがオススメです。

 
リソコは初期費用が275円/箱、月々の保管料が330円/箱から利用可能です。

小型の荷物をリーズナブルな料金で利用したい方に向いています。

 
また、リソコは1ヶ月以上の利用によって、早期取り出し手数料は発生しなくなります。

そのため、1ヶ月~2ヶ月程度のごく短期で利用したい場合にも、利用しやすい宅配方トランクルームですよ。

 

宅トラがオススメなのはこんな方!

◎ 宅トラはこんな方にオススメ!
  • 大型の荷物を預けたい方
  • ヤマト運輸に信頼感のある方

宅トラは大型荷物を預けるのに適した宅配型トランクルームです。

ボックスタイプであれば、最大で「幅104×奥104×高さ170(cm)」まで収納することができます。

また、宅トラはそれ以上に大型のベッドやソファなども預けることが可能です。

 
デメリットとしては、初期費用・月間料金・配送料など料金が高いことです。

小さい荷物だと割高になってしまうため、大型荷物を預ける場合には宅トラがオススメ。

 
また、宅トラの配送は全てヤマト運輸のスタッフが担当します。

そのため、ヤマト運輸に信頼感を持っている方にも向いていると言えるでしょう。